ラサーナ白髪染めの特徴

ラサーナ口コミ白髪染めヘアカラ

白髪染めートリートメントは、髪の表面だけを染めて 脱色をしない白髪染めです。

頭皮や髪へのダメージはほとんどないと言っていいようです。
ただ、髪の表面しか染まらないので、色落ちも早く染めムラが出来やすいなどのデメリットあり。

 

一般的な市販のヘアカラーは、過酸化水素が毛髪内部まで入りこみ脱色して、酸化染料を酸化させて染色するため、染めムラも少なく発色も良く色も長持ちします。
ただ、ジアミン系の化学薬品を多く使用しているので、頭皮や髪にもダメージが大きく最近では健康被害についても心配されています。

 

ルプルプ口コミ白髪染め

ラサーナ白髪染めヘアカラーは、ほんの少しキューティクルを開いて、染料をキューティクルの半分の部分にいれ、染め上げるので、しっかり染まって色持ちが長いのです。

ジアミン系の薬品は少し使っています。ただ、市販のものより、ほとんど少なく使用しているため、美容院のカラーや市販のヘアカラーに比べて断然頭皮などにダメージを与えにくいのです。

 

薬品系のを絶対に使いたくない人は、白髪染めトリートメントを使うべきでしょう。

 

ヘアカラーは大きく2種類に分かれていて、染毛剤と染毛料の2種類です。

白髪染めヘアカラーダメージの比較

 

わかりにくいのですが、化粧品の部類と医薬部外品としてもわかれます。
白髪染めトリートメントのほうが化粧品分類となり、ヘアカラー製品は医薬部外品の分類です。
この区分けはなかに入っている成分によりますが、化粧品の部類は、すべて成分を掲載しないといけない規定がある半面、医薬部外品はその必要がなく、成分表にのっていない成分があってもいいということになります。
しかし、ラサーナの白髪染めの成分としては、「成分全部表示」とあるので、ラサーナの製造元の意図で、すべて明らかにしてくれています。

 

この点を考えても、ラサーナがジアミン系を使っているけど、ごまかしなくちゃんとした製品を提供しているという現れだとも思います。⇒一回でしっかり染まるヘアカラートリートメント

ラサーナ白髪染め口コミについて

やはり、人それぞれの使い方や状況に関係するのかもしれませんが、ラサーナの白髪染めでほとんど染まらなかった、という口コミを見つけました。
どうやら、体質もあるのでしょうか?私は初めてのときからしっかり染まったので、この意見は意外でした。